スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大曲花火 2014/08/23

ごく一部で好評だったのでツイッターの大曲記事転載。
(時系列重視なので投稿日は無視してください)









↑荷物&暑さ&ババヘラ込みで40~50分。普通に歩けば30分くらい。




無料観覧場所の位置や入場待機場所のルール・入場方法は毎年変わるので公式サイトを要チェック↓
http://www.oomagari-hanabi.com/images/free.pdf




待機場所を離れる時は前後の人に一言断ってから離れるのが吉。










適当なところで夕ご飯食べます、食べて飲んだら寝るだけ。
そして…




やっと当日の朝。







9時30分になったら順次無料観覧場所へ入ります、係員の指示に従って絶対に走らない様に。
横入りは絶対にできません、50人程の係員と警察の方が完璧に列を管理しています。




豪雨や雷などを経てwやっと観覧場所確保(既に満身創痍w)




当日の朝並ぶとこれくらいの行列になります、これを回避する為の前乗りです。







近くにキャンプ場もあります、前乗り組はそこに車を止めてテントを張ってBBQなどをしてる方も多いです。
















17時30分から昼花火が始まります。



やがて日が落ちてきます。



そして









20時30分頃からの大会提供花火。






僕の写真ではいまいち巨大さが伝わらないので…






打ち止~め~!



終了です、再び駅や駐車場に民族大移動。



足元が暗いので懐中電灯が必要です。






以上、僕はだいたいこんな感じの流れで楽しんでます。
大曲花火初心者の方は参考にしてみてください。





おじさんご自愛ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。